読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けらけらむしざっき

雑記。いかに楽に、幸せに生きるか。

スマホ依存

 最近、スマホに依存していることに気づきました。

 なんで依存しているんだろうって考えてみたんですが、多分、なんでもできるからなんですよね。暇なとき、何をしよーって悩むわけですが、そんなときスマホを開けばゲームができ、SNSができ、何かを検索したりyoutubeとかで動画も見れたりします。つまり、いくらでも暇つぶしができるのです。

 ここまで当たり前のことをいっているわけですが、以外と自分では依存していることに気づかなかったりします。そんなに使ってないよ、と思ってても、意識してみたらかなり使っていることに気づく人も多いと思います。電車や信号を待つちょっとした時間にスマホをいじっていたら、依存の可能性、高いです。

 スマホを使う時間を減らすべきだ、とは別に言いません。しかし、気づかぬうちに泡のように時間が消えていっているとすれば、少なくともそれに気づくべきだ、ということは言えます。その泡が、良いものだと思うならば別に変えなくて良いし、悪いものだと思うならば泡の発生を止めれば良い。要は依存していることに気づくことが大切なんだということです。自分がどれだけの時間をスマホに費やしているのか、ということに気づき、それをどうしていくか考える、ということが必要なのです。

 さて、僕はとりあえずスマホの中でもTwitterに依存していることに気づきました。かなりの時間をTwitterに使っていたんですね。なので、決心して、Twitterを消しました(本当はこれに加えて、Twitterによる情報の洪水によって精神的にちょっとよろしくない状態になったことも理由としてかなり大きかったりするのですが)。

 それでどうなったのか?結論から言えば、Twitter以外のものを見るようになりました。最近はcomicoを結構頻繁に見たりしてますね。

 いや、ダメじゃん!っていう。

 結局スマホ依存から脱することはあまりできていないので、何格好つけてブログ書いてんだって感じですね。まあ、自戒も込めて、ということで…。ただ、脱却こそできなかったものの、Twitterを消したことで、我慢しようと思えばある程度はスマホ依存を我慢できる、という環境にはなりました。なんでかっていうと、誘惑の強さ的に、Twitterはかなり強いけど、他のアプリはそうでもないからです。Twitterは、常に最新の情報が更新され続け、終わりのない誘惑があります。一方、他のアプリは、大概、最新の情報が更新されるといっても、Twitterほどの速さではないです。さらに、1つのアプリを継続して使用する時間も、Twitterの方が圧倒的に長いということもあると思います(他のアプリはひと段落ついたら飽きる)。だから、1つ1つのアプリの誘惑は小さくなって、また、誘惑に負けても、それぞれのアプリの使用時間はそんなに長くないのです。

 と、ここまでそれっぽいことを書いていて思い出したんですが、いやお前スマホ依存脱却できてなかったやんっていう。

 まあ、僕は脱却できていないけど、確かに脱却しやすい環境にはなった、ということは言えるんじゃないでしょうか。そんなふわっとした結論で終わりにしたいと思います(人生そんなに上手くいかないんだよ!っていう)。