けらけらむしざっき

雑記。いかに楽に、幸せに生きるか。

『君の膵臓をたべたい』を読んで思ったことなど

1.はじめに

 『君の膵臓をたべたい』を読んでみました。エキセントリックなタイトルと綺麗なカバーに惹かれて買った感じですが、なかなか面白くて一気に読んでしまいました。

 さて、今回はこの『君の膵臓をたべたい』を読んでみて思ったことなどをかきつらねてみようかと。読書感想文や紹介というよりは、思ったことをまとめてみる、という感じのノリのものなので、どんな内容か知りたい、というニーズにはサッパリあってないと思います。むしろ、ネタバレも甚だしいので、どんな内容か読む前に知りたくないという人は読まないほうが良いかと思います。じゃあ一体どこにニーズがある文章なのかと聞かれても皆目見当もつかないのですが、まあそんなことは気にせずに話をすすめていきましょう。支離滅裂を地でいくような文章になっていますが。

 

2.タイトルについて思うところなど

 まずもって、このエキセントリックなタイトル。えっ、膵臓食べるの?って感じで二度見してしまう、非常に面白いタイトルですね。伏線回収的な部分もしっかりしてますし、うーん、お見事。ただし、一点だけ微妙なところがあります。タイトルは、君の膵臓を「た」べたい、なのですが、作中の表記はすべて君の膵臓を「食」べたい、なんですね。タイトルが「たべたい」であったのに、作中で最初に出てきたときは「食べたい」であったので、これは何か意味があるんだろう、と思っていたわけですが、最後まで読んでどうやら意味はなかったようだ、という結論に至りました。だって、作中ではずっと「食べたい」だったんですもの。

 確かに、タイトル的には「たべたい」の方が見栄えが良い感じがするのですが、タイトルを「たべたい」にするのであれば、作中も「たべたい」に統一してほしかったところです。何か意味があるのかしら、と思ってしまうので。もちろん、僕が気づかなかっただけで何か意味の違いを表現している可能性はありますが。なんかこの文章たべたいたべたい言い過ぎな気がしますね。だから何だって話ですけども。

 

3.主人公の性格、個性、「成長」について思うところなど

 僕はなんだか主人公が自分に似ているところがあるなぁ、と思いながら読んでいました。最近はどうも、ありのままの「弱い」自分からスタートして、周りの人と互いに影響しあうことを通して成長する話が多い気がしますね。「逃げるは恥だが役に立つ」もそうですが。他者を受け入れてこなかった人間が受け入れるようになっていく、というか。別に多いからなんだって話ですけども。好きですよ、そういう話、僕は。

 話はそれにそれましたが、主人公に僕が似ているなぁ、と思う部分がある話です。最近、「お前興味ない人に全然興味ないじゃん」と9年来の友人に言われ、ずがーんときたのです。ずがーんと。ずがーんとってなんだ。…それはそれとして、確かに興味ない人のことを風景として捉えている節があったりするので、なるほどその言葉を放った彼は人のことをよく見ているもんだと思ったものです。ともあれ、他人に介入しようとしない、関わろうとしない、知ろうともしない、という態度が僕にあったことは事実です。その度合いやあり方は成長とともに変化しており、最近はその原因的なものについても考えることが多くなってきました。そんなこんなな人間が、他人と積極的に関わろうとすることは、作中にもある通り、めちゃくちゃ大変なことです。どれほど大変かっていうことを話し出すともうほとんど本関係なくなってきてしまうので、それはまたの機会に。ていうか全然本のこと書いてない…。

 

4.おわりに

 とりとめのない・関係のない話に終始してしまいました。感想を書くのは向いてないのかもしれないですね、これは。まあ、伝わったものは少なかったかもしれませんが、書いているのは楽しかったので、よしとしましょう。とんでもない自己満足ですが。ところでなんでレポート形式になっているんでしょう、この文章。ま、それもどうでもよいことです。